総合写真展とは


公益財団法人国際文化カレッジが写真を愛する皆様に広く発表の場をご提供する目的で毎年開催している全国規模の公募展です。

前回展(第22回展)では、全国から寄せられた力作 1,651点を会場に一挙展示。
その規模と内容の充実ぶりで、今や写真界のみならずマスコミからも熱い注目が寄せられています。


初級者から上級者まで
全ての写真ファンのご参加をお待ちしています。

平成9年の第1回展以来、年に一度の開催を重ねてきた本展は、 写真を始めて間もない方からハイアマクラスの上級者まで、 全ての写真愛好者に門戸を開き、誰もが等しく日頃の写真力を発揮できる“真に開かれた公募展”として、全国の写真ファンから絶大なご支持をいただいています。


会場となるのは芸術の殿堂「東京都美術館」
歴史ある名館で作品をご披露できる絶好のチャンスです。

本展では、ご応募いただいた作品が、予備審査を通過すると、作品をご希望サイズ(全紙または半切)に引き伸ばし、額装に仕立てて会場に展示いたします。会場となるのは、東京・上野の「東京都美術館」。数々の名画や名筆を世に送り出してきたこの歴史ある名館で、あなたもご自分の作品が堂々飾られる栄誉をぜひとも味わってください。


の充実ぶりも魅力の本展は、内閣総理大臣賞や文部科学大臣賞をはじめ栄えある大賞受賞者を毎年輩出。

年に一度の大イベントとして開催する本展は、内閣総理大臣賞や文部科学大臣賞など、栄えある大賞受賞者を毎年輩出しています。また、このほかにも全国の新聞社や出版社など、マスコミ各社からの協賛・後援賞。さらに、上位賞に輝くと、写真関連業界各社から豪華副賞が贈呈される楽しみもありますので、あなたも本展にご参加になり、これらのご受賞を目指してください。